北の旅 〔千の51〕

 70 年前の 8 月 6 日には広島に、今日 8 月 9 日には長崎に原爆が投下され、多くの国民が亡くなりました。改めましてご冥福を祈ります。毎年この時期には私も戦争反対であり、核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現のためにコラムを書いています。改めて日本は次の時代においても、未来永劫、戦争をしてはならないのです。しかし、他国が攻めてきた時、国を守らねばなりません。国の守り方について国民一人ひとりが、平和を大前提にして議論していかねばならないと思いますし、戦争がいかに無惨であり悲惨であるか、その惨禍を代々の子ども達に伝えていくことが大切です。


*さて、表題のことですが、8 月 4 日の朝出発し、7 日の夜帰宅という行程で北の旅を楽しんできました。


* 8 月 4 日・東京駅・午前 9 時 36 分・東北新幹線はやぶさ 11 号が静かに発車です。10 両ほどの先頭にグランクラスという 50 ほどの席がJRの新しい売りで、飛行機のファーストクラス並みであることを、前々から聴いてはいました。再び北の旅ができるかどうかと思える歳であるわけで、東北新幹線に初めて乗るならぜひともこの席にという願いが叶いました。実に快適で、飛んでいく外の景色を観るのをあきらめ、新聞や小説を読んでの 3 時間、あっという間に新青森に到着です。


*軽い昼食の後、新青森駅前に「青森市文化交流施設・ねぶたミュージアム」があり立ち寄りました。コンクリートの外壁から2mほど離れたデザイン線に、幅 30 僂曚匹諒森櫃鬟襦璽弌湿に立てかけレンガ色に塗っているのですが、内部のデザインも含めて中々出色の建築です。この日の夜に壮大に繰り広げられる「ねぶた祭り」を観に来たわけで、その基礎知識を学ぶには格好の施設です。


*「ねぶた祭り」は陽も沈む夜 7 時に号砲がなり、決められたコースを 22 基ほどの創作ねぶたが動き出すとのこと、まだ陽が高いので市内を散策しました。駅前で乗ったタクシーが、ガイドタクシーとのこと、親切な運転手さんが案内してくれました。

・青森市中央市民センターは、47 年前に勤めていた岡設計でスタッフの一員として関わった仕事です。これぐらいの年数になると、新しい時代についての機能的な役割が足りないとか、耐震診断をすれば強度が少し足りないとかで、建て替えられている公共建築も全国には多いのです。所在地も忘れていましたが、運転手さんが案内してくれました。不安でしたが市民のカルチャー活動のために使われていました。外装の傷んでいるところどころは、改修されていましたが、原型を確認し感動しました。

・ここから徒歩数分のところに、棟方志功記念館があり立ち寄りました。これほどの版画芸術家は青森の宝であること、その通り・・いや日本の宝だと私も思います。説明によると、棟方は自分の版画を板画と言っていたようです。板が躍り出し話しかけるそうです。創作板画の一枚一枚に仏教の哲学を込めているとのこと、すばらしい !

・13 年ぐらい前のことですが、当社で働いていた青森市出身の鳴海 剛士さんが故郷に帰って親の世話もしなければならない。市の職員採用試験を受け合格したので故郷に帰るとのこと、鳴海さんはどうしてるかなと突然の思い付きですが、連絡もしないで市役所に出かけるぶっつけ本番の無謀 ? 会えれば幸運・・建築指導課で元気に働いていました。聞くところによると、数年前、先の青森中央市民センターの耐震診断と改修を担当したとのこと、なんと奇遇だしうれしいことか、ここでも感動しました。


*さて、これからが旅の本番で、三内丸山遺跡から「ねぶた祭り」、翌日はフェリーで函館に渡り大沼公園の「沼の家のだんご屋」、昆布館から五稜郭とか市内、夜は函館山の展望台から美しい夜景を、次の日は小樽から余市で朝ドラのマッサンとリタに再会し札幌泊まり、最終日は旭川方面で青い池や富良野の花畑など、盛り沢山ですが、函館からレンタカーで走行すること約 1800 辧東京の暑い気温が 37.5 度とのニュースを横目に北海道は 25 度、気持ちの良い楽しい旅をしましたが、次回のコラムで書くことにしますので、また読んでください。


*竣工報告・昨年設計していまして、今年の 2 月に着工しここで完成しました、小田急線中央林間駅前の、「社会福祉法人 曙会・あけぼの保育園」の竣工式が、8 月 8 日に執り行われました。理事長の日高 辰夫様は 87 歳の高齢ですが、お元気そのものです。過去に学校法人による幼稚園を大和市内と相模原市内に 2 園建設され、設計を担当させていただきました。理事長曰く、幼児の「教育と保育」を偏らないで進めたいとのこと、学校法人と社会福祉法人の両方を運営し、こどもの成長と保護者の安心を実現するなど、見事な社会貢献であると思います。長いお付き合いの日高理事長との出会いを思い改めて感動しました。会には甘利経済再生大臣も出席され、花を添えてくださいました。


ありがとうございました。


コメント
コメントする








   



selected entries

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode