熱意・誠意・善意・創意 〔千の81〕

 私のコラムも最終段階で、ここまで書いてきたことに色々と感慨があります。これからの 20 回は創業から 44 年間の思い出や、コラム 1000 回の中から、自らもこれからこうありたいと願うことに通じることを拾い出し、改めて勉強したいと考えております。

 表題のことは、創業の時掲げた目標で、今でいう社是というものです。私が 30 歳の時、昭和 47 年〔1972〕に会社を設立し、6 畳一間の 1 Kのアパートを事務所にして、希望を抱いてのスタートでしたが、建築設計・監理の受注促進と同時に、業務を推進する姿勢を掲げる必要があると、会社の体をなしていない段階に掲げたことに、今、想えば青臭いとも思えますが情熱の塊だったのです。


*考えてみれば、人が仕事を成し遂げようとするためには、欠かせないもので、一人ひとり個人的にも、会社としても大切なことで、それが『熱意・誠意・善意・創意』ではないでしょうか。


*『熱意』のないところには何物も生まれないと思います。以前にも引用したことのある、パナソニックの創業者 故 松下 幸之助翁が言っていることに「二階にのぼりたいなぁ~、ではまだまだだめである。なんとしても二階に上りたい。そんな『熱意』がはしごを生み出す」「二階にのぼりたいなぁ~」とは誰もが思う。しかし、その程度の思いでは二階にのぼることはできない。「なんとしても」という熱い思い、たぎるような思いがあって初めて、二階にのぼるためにはこうしたらどうか、ああしたらどうかと夜も昼も考えを詰めることができ、『はしご』という手段とか方法に思い至るのである。

 上記のことは松下語録ではあるが、誰しもがこんなことに出会ったことがあると思います。要は、「一事一貫」して徹底しただろうか ?  徹底することで、そこに求めようとする成果が見えてくるということです。


*月刊誌「致知」の編集長が、12 年も前に似たようなことを書いていたことを思い出しました。この「『熱意』と車の両輪をなすもの、それが『誠意』である。人間、情熱だけで突っ走ても、それなりにうまくいきますが、しかし、それはあくまで一時期である。人間としての誠実さを欠くと、必ずどこかで崩れる。歪んだ結果しか手にできない人生になりはしないか。・・・なるほど私も賛同するところで、『熱意』だけでは片輪で、『誠意』と共に両輪ということです。『誠意』とは〔千の71〕「至誠」などや、他の私のコラムで何回かで書いていますからまた読んでください。


*『善意』とは私のコラムで度々書いていますが、「恕」とか「利他の心」と同義語で、お客様に対して尽くすのは当然のこと、スタッフや社友の皆様、お世話になる建材メーカーの皆様や工務店の方々に対する労いの心のことです。仕事を推進する心の基本的なベースに、『善意』がなければならないと思います。


*そして、『創意』である。絶えず創意工夫する。昨日よりは今日、今日よりは明日と常に前進するために、ああしよう、こうしようと考え続ける。そこに仕事の飛躍が生まれる。ここでよく考えてほしいことは、『創意』の基になるのは知識・教養であるわけで、そうした基礎の勉強を幅広く積み、発展させていくところに充実した『創意』が生まれると思います。

 

*因みに、元経済企画庁長官・故 野田 卯一〔岐阜県出身〕先生が、40 年程前、『創意躍進』という書を私が正座する前で揮毫くださり、「君が建築設計で起業したことを祝す・頑張りなさい」と、激励を受け感動したことを昨日のことのように記憶しています。この書を装丁した額が自宅の和室に掲げています。


ありがとうございました。


コメント
コメントする








   



selected entries

recent comment

recommend

笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7)
笑顔がいっぱいの園舎づくり(幼児の城 7) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2016年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集
福祉施設の未来を創る‐絆‐高齢者施設・障がい者施設資料集 (JUGEMレビュー »)
日比野設計,阿久根佐和子
2014年発売


高齢者福祉施設、障碍者福祉施設特集

recommend

愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6)
愛される園舎のつくりかた (幼児の城 6) (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2013年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

recommend

世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉
世界でたったひとつの園舎づくり 幼児の城〈5〉 (JUGEMレビュー »)
日比野設計
2009年発売
園舎資料の最新版。
国内外の写真多数掲載。
好評発売中
日比野設計+幼児の城著

links

search this site.

others

mobile

qrcode